雅楽-gagaku-あれこれ

雅楽演奏家による 雅楽情報満載のブログです

雅楽-gagaku-あれこれ イメージ画像

装束

昨日の片付けでは、装束にある刺繍や面など、ざまざまな道具の作り方の話になりました。装束に施された刺繍のひとつひとつこれだけをとっても一流の技と、大きな労力によって出来上がります。装束に使う絹だって、蚕を育てて、そこから採る。これも非常に大変な作業です。私
『道具の大切さ』の画像

主に瑞鳳会会員向けのお知らせです。発表演奏会に向けて、必要な「装束を着る」という重要な技術を学びます。****************************** 第2回 装束講習会 1月27日(日) 15:30〜 東大島文化センター第2和室 参加費:ワ
『雅楽演奏家に必要なスキルです。装束講習会を開催します』の画像

ある記事から見つけたのですが、太平楽の装束は大正3年当時、2千数百円だったといいます。(一人分で)当時は食パン1斤12銭とんかつ15銭ビール大瓶 22銭レコード1円50銭うな重40銭。。。。米10kgが1円8銭ちなみに同じく大正3年に完成した東京駅の総工

当家祭で使用する装束の準備に参加者が集まりました。私はレッスンが有り行かれなかったのですが、装束のこと、舞台装置のこと演奏者としてはぜひ身を以て学んで欲しい部分です。また皆で協力しながら準備、本番、片付けまでのすべての工程を経ることで初めて「舞台」は完成

雅楽を学ぶようになると、楽器、楽譜などを揃えたり、そしてその度に少しずつ、「う〜ん、自分もなかなか雅楽奏者になってきたな」と思うものではありませんか?では思い切って、せっかくなのでMY装束も持ってみてはどうでしょう?発表会などの演奏機会の度に「借り物」とい

↑このページのトップヘ