雅楽-gagaku-あれこれ

雅楽演奏家による 雅楽情報満載のブログです

雅楽-gagaku-あれこれ イメージ画像

4攅颯愁Ε詈

ソウルの大学路(テハンノ)にあるアルコ劇場での公演韓国芸術総合学校(大学)の附属機関である世界民族舞踊研究所の創立15周年記念公演に招かれ、「春鶯囀」を上演しました。韓国に残る「春鶯囀(チュネンジョン)」(女性一人舞で、日本のものとは全く異なる)との比較
『アジア舞踊との競演』の画像

韓国ソウルの世界民族舞踊研究所のワークショップでは三田主席による「高麗楽舞楽」のレクチャーが行われました。まずは、雅楽そしてその中にある高麗楽についての紹介から。舞踊専攻の院生が中心ですが、前の授業が長引いてしまった関係で、わずか20分弱のレクチャーだっ
『舞楽ワークショップinソウル』の画像

先日のソウル滞在中に、伝統楽器店に行きました。舞台に参加していた太平簫(テピョンソ)奏者が案内してくれたのです鐘路三街(チョンノサンガ)には楽器店が多く軒を連ねています。たくさんの楽器が並んでいる店内。太平簫奏者のコ・アンナさんが、楽器を吹き比べしてくれ
『伝統と妥協 〜韓国伝統楽器「太平簫」の変化を考える〜』の画像

韓国交流公演での蘭陵王です。他でもなく舞人様より「早く写真を」とのことでしたのでコンパクトデジカメで苦戦しながらなので。。。。地明かりではなく凝った照明でしたのでこれもなかなか難易度が高い。最終公演後は観客との質問タイム。まずはそれぞれの舞踊の簡単な紹介
『日韓交流公演 〜三田主席の陵王写真〜』の画像

韓国での公演でご一緒した閑良舞(ハンリャン厶)のパク・ドクサン氏、非常に優れた舞人でいらっしゃいます。美しく、繊細で、一見静かな動きの中にも自然とリズムが湧き上がってきて、ワクワクするそんな引き込まれる舞をなさいます。私はすっかりファンになったのですが、
『弟子に教えること 〜舞台に立つ心構え〜』の画像

↑このページのトップヘ