雅楽-gagaku-あれこれ

雅楽演奏家による 雅楽情報満載のブログです

雅楽-gagaku-あれこれ イメージ画像

中国南京編

最終日のレセプションの後になんと今回のシンポジウムの最も重要なプログラムである討論会が行われました。時間も午後8時をすでに回っており、「ほんとにやるの?」という雰囲気のなかスタートしたのですが、終わってみれば午後11時を過ぎていたというなんともすごい結果に。
『昆舞 国際シンポジウムin 南京2009 VOL.8』の画像

昆舞の演出(上演)を見た翌日は南京芸術学院で学生たちによる「昆舞」の稽古を見学しました。当初、稽古の見学というので各教室を巡視しながらその様子を見られると思い、とっても楽しみにしていました。これまでも、北京舞踏学院や杭州師範大学でも通常の講義にお邪魔し、
『昆舞 国際シンポジウムin 南京2009 VOL.7』の画像

さてさて夫子廟で見つけたお店にはこんなものが置いてあります。筆・硯扇子三田主席がとっても気にしていた彫刻。お家に飾ったら素敵ですよね。こんなかわいらしい雑貨も。そして印鑑をその場で彫ってくれるお店も。(中国の空港にもありますが、こういう場所のほうがやっぱ
『昆舞 国際シンポジウムin 南京2009 VOL.6』の画像

中国での楽しみの一つは買い物。中でも雑貨を見るのはとても面白いものです。今回の南京滞在中も最終日になんと30分だけ買い物ができる観光地へ連れて行ってもらいました。夫子廟と呼ばれる一体には古いお店が並びます。門をくぐり、進んでいくとやがて廟にたどり着きます。
『昆舞 国際シンポジウムin 南京2009 VOL.5』の画像

「昆舞」はまさに、現在其の行く末を模索している中国伝統舞踊界にあらたに誕生した舞踊です。中国伝統舞踊は残念ながらその長い歴史の中で原型を失ってしまい、現在「伝統舞踊」とされているものは近代になってバレエやコンテンポラリーに学んでいます。(より古い形を残す
『昆舞 国際シンポジウムin 南京2009 VOL.4』の画像

↑このページのトップヘ