雅楽-gagaku-あれこれ

雅楽演奏家による 雅楽情報満載のブログです

雅楽-gagaku-あれこれ イメージ画像

2011年04月

先日4月22日に無事、紫香楽でのチャリティー演奏会を行うことができました。新宮神社の皆様、役員の皆様、町の皆様、そしてご来場くださった皆様、嵐の中、本当にありがとうございました。本当にお世話になりました。いただいた皆様の義援金は追ってご報告いたします。今回の
『ありがとうございました』の画像

先日の東日本大震災発生に伴い、一旦は開催を中止させていただきました第18回雅楽瑞朋会発表演奏会をこのたび5月21日に開催させていただくことになりました。「第18回雅楽瑞朋会発表演奏会 〜復興支援チャリティー演奏会〜」2011年5月21日(土)14:00〜

少し間が開いてしまいましたが、聖武天皇と大仏のお話。国を、国民を救いたいという一心で作られた大仏が、最終的な完成をみたのは聖武天皇の崩御から15年が経った771年だったといわれています。開眼供養は全体が未完のまま、752年に仏教伝来200年にあわせて行われため、聖武
『聖武天皇と大仏開眼供養ぁ戮硫菫

相次ぐ災害を鎮めようと聖武天皇も奮闘します。741年には国分寺・国分尼寺建立を決めます。護国経典である「金光明最勝王経」(信仰する国王の国が四天王によって守られるとされていた)を全国に配し、祈りをささげることで国を守ろうとしたのです。続く743年の大仏建立の勅
『聖武天皇と大仏開眼供養』の画像

聖武天皇があの巨大な大仏を作るきっかけとなったのは、相次ぐ災害や飢饉から国を救うため、「鎮護国家」を目指すという言葉で説明されることが一般的です。学校の歴史の教科書にもそうありました。しかし、聖武天皇が直面した災害や飢饉についてはあまり詳しく知られていな
『聖武天皇と大仏開眼供養◆戮硫菫

↑このページのトップヘ