雅楽-gagaku-あれこれ

雅楽演奏家による 雅楽情報満載のブログです

雅楽-gagaku-あれこれ イメージ画像

2009年05月

6月7日(日)18:00〜「雅楽鑚仰コンサート」が上野の旧東京音楽学校奏楽堂(上野公園内)で行われるそうです。このコンサートは現在芸大美術館で開催中の「皇女たちの信仰と御所文化 尼門跡寺院の世界」展をご覧になった方(半券をお持ちの方は)無料。   その他の方は1
『6月7日上野の旧東京音楽学校奏楽堂にて米国大学生が雅楽演奏』の画像

正倉院に残る楽器といえばこれ、螺鈿紫檀五絃琵琶です。歴史の教科書にも写真が出ていましたから、ご存知の方も多いでしょうね。現在この琵琶はさまざまな調査を進めているそうです。そんな中でもいくつかの気になる発見の記事を見つけました。一つ目は、この琵琶が実際に弾
『演奏されていた!? 〜国宝・螺鈿紫檀五絃琵琶〜』の画像

さてさて、先日ご紹介した毛越寺の宴では、雅楽の演奏が行われ、その雰囲気をさらに盛り上げたそうです。現在ではさまざまな管絃曲が演奏されているようですが、「桃李花(とうりか)』はこの曲水の宴で多く演奏された曲であるといわれています。唐の高宗の時代に草木をモチ
『曲水の宴と桃李花』の画像

5月24日 岩手県平泉町の毛越寺(もうつうじ)境内にある庭園で「曲水(ごくすい)の宴」が開かれました。全国各地でこの行事は行われているようですが、どれも近代になって再現されたものです。そもそも、曲水の宴(きょくすい<ごくすい>のうたげ<えん>)とは、水の
『中国・朝鮮半島・日本を結ぶ春の宴 〜曲水の宴〜』の画像

またまた雅楽関係書籍のご紹介です。「宮内庁楽部 雅楽の正統」2008年10月発売。15,000円(税込み)【内容】・高円宮妃殿下による巻頭のおことば・典雅、華麗にして豪華絢爛。日本服飾文化の最高峰ともいうべき装束の写真満載!・元首席楽長らが語る雅楽の歴史と日本文化の
『『宮内庁楽部 雅楽の正統』 〜皇室文化百科 雅楽より単行本刊行〜』の画像

↑このページのトップヘ