雅楽-gagaku-あれこれ

雅楽演奏家による 雅楽情報満載のブログです

雅楽-gagaku-あれこれ イメージ画像

2009年02月

2月23日開催 第16夜の模様です。舞楽の変遷1  〜人間の眼の限界と舞ぶりの変容〜 人間は無意識のうちに自分の動きを簡略化し、体へかかる負荷を軽減しようとするこれはスポーツなどでは当たり前の事柄なのでしょう。このサロンの参加者のみなさんには、第11夜にて左舞の
『雅楽講演シリーズ 里探サロンVol.1 No16 舞楽の変遷1  〜舞の基本と「よい舞人」とは〜』の画像

2月9日に開催の第15夜のご報告です。 「国風(くにぶり)の舞」 〜「日本風」とは、「日本」とはなにか〜 唐楽・高麗楽ともうひとつの大きな柱である「国風歌舞(くにぶりのうたまい)」を特に舞にスポットをあて、舞の動作体験も含めお楽しみいただく予定でした。そう、

↑このページのトップヘ